« 貿易収支赤字、過去最大 | メイン | 1兆ユーロ »

2013年2月21日 (木)

訪中観光客減少

20130222jog 中国政府が、訪中観光客数減少に関し、日中関係の冷え込みのせいだと論評している事は、興味深い。

確かに、訪中する日本人観光客はかなり減少しているが、日本人に限らない訪中観光客数全体が減少しているのだから、日中関係のせいにするのは的外れもいいところ。

訪中観光客を待ち受けているのは、

1)強烈な大気汚染。(昔の川崎や四日市等とは比べ物にならない位、桁違いに深刻。)
2)飲食の安全性が全く確保されていない。(偽造食品の横行。水や酒だって危ない。他国は酒なら安全なのだが。)
3)衛生面の不安。(新型インフルエンザ、SARS、SFTS等は、全て中国が発祥の地。)
4)社会不安。(暴動、殺人等がいつ起こっても不思議でない。英人投資家も殺害されている。)
5)不自由な行動。(インターネット利用に強烈な制限。プライバシーは無い。)
6)一物二価。(中国人向けは安いが、外国人向けは高額に設定。)
7)旅行社の無責任体質。(万里の長城遭難事件を思い起こして欲しい。)
8)安全無視の交通機関。(列車も道路も危ない事は折紙付き。ダイヤなんてあって無い様なもの。)
9)治安の悪さ。(スリ・泥棒・引ったくり等は、イタリア南部より多いかも。)

等々なんだから、それでも訪中する命知らずな奴が、そうそう居る訳ないだろ。

超高級レストランでさえ出て来るものが怪しくて、中国人の金持ちが、「安全な中華料理が食べたい時は訪日する。」と言っている位なんだから。

中華料理の為に、何が何でも海外旅行したい人は、台湾に行った方がマシだ。

P.S.

観光に行っても、こんな風景しか見えないヨ(多分)。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350541/31063655

訪中観光客減少を参照しているブログ:

» 訪中外国人観光客 (Heart Revolution)
訪中観光客減少 ←   → 中国国家観光局の2007年統計 によれば、訪中者数の国別で言うと、訪中者数(万人)で、 1 韓国     477.67 2 日本     397.74 3 ロシア     300.38 4 アメリ...... [続きを読む]

コメント

ご指摘の点、全て納得できます。
1)北京空港の出発ゲートから離着陸する飛行機を見た。何とスモッグでかすんでうっすら  見えるだけ。北京オリンピックの時、マラソン選手が「走りたくない」と言った気持 
  ち、痛いほどわかる。
2)中国に駐在している知人から聞いた話。農作物の大敵は害虫、収穫量アップし金もうけ  のためなら食べる側への配慮は皆無。人がどうなろうと知ったこっちゃないとばかり、  100倍に薄めて使うべき農薬をほとんど原液のまま振りまいていたと。ひたすら収穫  量増を期待する拝金農家。中国の野菜食う勇気をなくしたが、食べるときはミネラルウ  オーターで懸命に洗うんだとか。そのミネラルウオーター大丈夫?
3)中国のトイレ、とにかく汚い。地方を旅行をすると、たいていの日本人は便秘になる。  トイレを使う勇気がないので我慢する。その結果・・・・
4)反日暴動だけじゃない。汚職・格差拡大・環境汚染、いつ暴動から内乱に発展してもお  かしくない要因が充満しているという。内乱状態になった時、中国にいる日本人救出作  戦はほぼ不可能とか。自力で国外脱出できる自信のない方は旅行はは控えたほうが賢
  明。
5)空港の出国手続き窓口を通り越すまで安心できない。ちょっとこっちへ、と言われた 
  ら…・。どうか無事に帰ってきて!
6)これ常識。香港の取引先の社長と北京の天壇を訪問した。土産物を買おうと売店に近付  いた。取引先の社長、私と土産物屋の間にサッと割って入った。何事と思った時、社長  「何が買いたいのか?」。「これこれしかじか」と私。「なら、私が買ってあとで渡す  から、その時代金僕に返して」と社長。中国で安い買い物したければ、中国人の知人を  連れていくこと。そんな知人いないって?なら、一物二価の高いほうで買い物楽しんで  ください。
7)旅行で行ったことないのでわかりません。が、大いにありうることです。
8)中国人の運転する車(タクシー含む)に乗れば、何度も目をつむりたくなる瞬間があっ  て、とてもスリリングな旅を楽しめます。ちなみに、目をつむるのはもっぱら日本人   で、中国人ドライバー・中国人歩行者・自転車は大きく目を見開き怒鳴り合っていて、  とても活気に満ちています。
9)意識して“貴重品に気をつけているゾ”というフリをします。それが功を奏したか、幸  いこの経験だけはさせていただいておりません! 

コメントを投稿